なぜセキュリティをビジネスにしないのですか?

システムのデザインはセキュリティから始める時代になりました

IoT、DX、AIは今まさに開発する新たな資産です。

これらは従来の開発手法で構築してはいけません。理由は明白です。脅威に満ち溢れた時代になったからです。

ならば、開発の最も初期段階からセキュリティを意識して着手する必然が生まれます。

IoT、DX、AIは今後の重要インフラです。特に堅牢なセキュリティ対策が必要なことは明らかです。

AIなどは乗っ取られたら大変な事態が予想されます。

IoTが脅威に犯された場合、被害の拡大が深刻です。

私たちはセキュアコーディングを強く推奨します。



現在のセキュリティベンダーの民生品では情報資産は保護できない時代になってしまいました。攻撃者も同じ製品を所有し、攻撃の訓練に余念がないのです。つまり、民生品へはどれだけ投資しても安全は得られないということです。

投資はシステム開発そのものに行うべきなのではないでしょうか。日本でもIPA等はセキュアコーディングの啓蒙活動を行なっています。

この技術は今後間違いなく必須のものとなるでしょう。

私たちのパートナーになりませんか?